ビジネスメールの書き方の要点を知っておこう!

ビジネスメールの大切なポイント

ビジネスメールの基本とマナーを覚えましょう

ビジネスメールは仕事を進めていく上のいろいろな場面で必要となります。適切な文章が書けないと、それが原因で商談がうまくいかなくなったりする事もあります。それぞれのシチュエーションにあったビジネスメールが、きちんと書けるようにならなければなりません。...続きを読む

お礼のメール

日常生活で、あまり深く考えることなく使われている言葉も、ビジネスメールの場合は、よく考えて使う必要があります。さらにビジネスメールの場合、しっかりと確認して使わないと、失礼にあたる場合がありますので注意が必要です。特に勘違いされそうな文言についていくつか例を挙げたいと思います。...続きを読む

TOとCCとBBの使い分けについて覚えましょう

宛先を間違えてはいけないという事は鉄則です。そしてTOとCCとBBの正しい使い方についてですが、こちらはしっかりと覚えて上手に使い分ける必要があります。使い分けを理解しないままに使ってしまうと相手先に送信者の名前やアドレスがわかってしまうため、慎重な確認を怠らないようにしましょう。...続きを読む

おすすめリンク

英文添削のバイトって儲かる?

副業で人気の英文添削のバイトの裏事情を暴露!英語スキルや気になる収入を徹底公開しています!

口コミから見える富士学院へ通うメリット

富士学院ってどんな予備校?口コミから富士学院を選ぶメリットを紹介。医学部予備校探しにおすすめ。

英文校正の重要性

現代のグローバル社会には相互理解が大切です。このサイトでは英文校正の重要性を説いていきます。

プリスクールを東京で探したい

プリスクールってどんな特徴があるの?東京近郊でプリスクールを探している方必見です!

お礼と依頼のメールは失礼にあたらいないように書きましょう

ビジネスメールでまず一番大切なのは、「件名」であると思います。件名によって、メールをきちんと読んでもらえたり、スルーされてしまったりという事もあるため、件名は大変重要な項目となってきます。できたら件名を読んだだけで、受信者の方に、何の用件なのかすぐにわかるように書く事ができたらベストだと思います。それに加えて、誰が書いたメールであるのかということを、きちんとわかってもらえるように書くという事も大切です。まず宛名から始まります。会社名と役職名と名前を書きます。
宛名の書き間違えは、大変失礼な事になりますので、メールを送信する前に、必ず確認をするという事が大切です。
続いて文章についての注意点です。
文章の書き初めはあいさつ文から始まります。次に自分の会社名と名前を名乗ります。そして本文の後に、結びの文章を書いて締めます。
最後は「署名」です。署名の中には、名前・メールアドレス・電話番号・会社の住所・URLを記載します。デザインは自由になります。署名は何通りか作成して、保存しておくと使い分けもでき便利だと思います。

例文を書いてみます。

【A社】請求書の件 

B株式会社 営業部 部長
山田 一郎 様 

お世話になっております。
株式会社れいぶんの田中三郎でございます。

(本文)

お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

田中三郎
1234abcd@tanaka.jp
株式会社れいぶん
〒111-1111
東京都文京区向丘
01-1234-5678
09-9876-5432